This page needs JavaScript activated to work.
ステップ 1/2

こんにちは。

Please select the type of your request

お問い合わせ クライアントアクセス

消費者の支払い行動が変化する中、ホテルがより多くの予約を獲得するための方法をご紹介します。

ホテルにとって、決済処理は常に大きな悩みの種でした。 新しい決済方法の普及に伴い、事態はさらに複雑化しています。

2023年3月13日 に公開

現金が王様だった時代は終わりました。 グローバルに キャッシュレス決済が80%以上増加し、 2020年から2025年にかけて1兆9,000億件近くまで増加する見込みです。 そして、これらの決済のうち、オンラインで行われる割合がますます増えているのです。

より多くの企業が代替的な支払方法を受け入れるようになれば、消費者はホテルを予約する際にも代替的な支払方法を期待するようになるでしょう。 しかし、ホテル業界は遅れをとっています。

例えば、D-EDGEのデータによると、ホテルの直接予約の約3分の1をモバイル予約が占めていますが、コンバージョン率はデスクトップに比べて50%も低くなっています。 コンバージョン不成立の理由で一番多いのは何か? 支払い方法が複雑すぎるということです。

より多くの旅行者を惹きつけ、より多くの予約を獲得するために、ホテルは多様な支払い方法を提供し、軋轢の少ない支払い体験を提供する必要があります。 そのためには、現在消費者が最も多く利用しているオンライン決済の方法を理解することから始める必要があります。

ここでは、それらについて知っておく必要があることから、いくつかをご紹介します。

クレジットカード

その仕組み カード保有者は、銀行が発行する信用枠にアクセスすることで支払いを行います。

なぜ、重要なのか。 多くの旅行者にとって、ホテルの料金の支払いは、依然としてクレジットカードが主流です。 世界中で、 支払いカードの枚数は、 2023年には293億1,000万枚に増加すると予想されています。

人気のプロバイダー。 Visa、Mastercard、American Express、Discoverといった世界的に有名なクレジットカードのネットワークに加え、日本のJCB、中国の銀聯、ブラジルのHipercardなど、小規模で地域密着型のプレーヤーが数多く存在します。

デビットカード

その仕組み カード保有者は、銀行口座から直接資金を引き出して支払いを行います。

なぜ、重要なのか。 旅行者にとって、デビットカードは借り入れの必要がなく、迅速で便利な決済手段です。 世界的に見ると、デビットカード市場は 968億4,000万ドルに拡大すると予想されてます。 もっとも2026年には成長ペースが年率1%程度に鈍化しますが。 2021年のデビットカード市場は、アジア太平洋地域が最も大きく、次いで西ヨーロッパとなっています。

人気のプロバイダー。 デビットカードは、ほとんどの銀行や、Visa Electron、MastercardのMaestroなど主要なクレジットカードネットワークが発行しています。

デジタルウォレット

その仕組み モバイルウォレットや電子財布とも呼ばれるデジタルウォレットは、クレジットカードやデビットカードの情報をモバイル端末に保存し、ユーザーは端末を決済用リーダーに近づけることで、オンライン、アプリ内、または対面で買い物ができるようになります。

なぜ、重要なのか。 2023年までに、44億人の消費者がデジタルウォレットで買い物をすると推定され、その数は 全世界のEコマース決済の52%を占めます。. モバイルウォレットは、物理的なカードが不要で、使用時にPINや生体認証が必要なだけで、支払い情報が暗号化されるため、旅行者にとって簡単で安全な選択肢となります。

人気のプロバイダー。 Google Pay、Apple Pay、Samsung Pay、WeChat Pay、アリペイ.

銀行振込

その仕組み 消費者の銀行口座から加盟店の口座にオンラインで直接送金されるため、カードが不要。

なぜ、重要なのか。 即時決済取引は、 2020年に世界で704億ドルに達し、 2024年までに年率30%以上の成長が見込まれています。 現在は国内での送金が主流ですが、国境を越えた取引も安価で安全になりつつあり、海外旅行者にとってより現実的な選択肢となっています。

人気のプロバイダー。 送金業者としては、ほとんどの銀行のほか、PayPal、Venmo、スウェーデンのTrustly、ドイツのGiropay、オランダのiDEALなどがあります。

バーチャル・クレジットカード (VCC)

その仕組み お客様は、銀行から発行された特定の用途や設定された金額に対する仮のクレジットカード番号を使って、実際のカードを必要とせずに支払いを行うことができます。

なぜ、重要なのか。 バーチャルカードは、主要なカード番号が開示されず、通常1回限りの購入のために発行されるため、より安全です。 そのため、OTAや多くのビジネス旅行者にとって、ホテル料金の支払い方法として好まれています。

人気のプロバイダー。 限られた銀行が消費者や企業向けに提供しています。

バウチャー

その仕組み バウチャーとは、あらかじめ価値が設定された印刷物または電子的な支払書類で、バウチャーを受け入れている小売店での支払いに使用することができるものです。

なぜ、重要なのか。 バウチャーは現金よりも安全で、企業が支出をコントロールすることができます。

人気のプロバイダー。 ツアー会社は、ホテル代としてバウチャーをお客様に発行することが多いです。 国によっては、政府や企業が市民にバウチャーを発行し、休暇の費用を補助しているところもあります。 例えば、フランスの “les Cheques-Vacances”(ANCV)。

今すぐ購入、後払い(BNPL)

その仕組み BNPLとは、消費者が購入した商品の代金を、通常、分割払いの形で長期にわたって支払うことを可能にする短期融資の一種です。

なぜそれが重要なのか。 BNPL支払いオプションは、往々にして前払いなしでオンライン・ショッピングをするための迅速で便利な方法として、急速に普及しています。 旅行では、BNPLを支払いオプションとして提供することで、旅行予約の強い動機付けとなります。

人気のプロバイダー。 Afterpay、Affirm、Klarna、Mastercard Installments、Visa Readyなどがあります。 BNPLは旅行業界で急速に普及しており、現在Expedia、Vrbo、Orbitz、Priceline、一部のホテルや航空会社で利用可能です。

暗号通貨

その仕組み ユーザーは、銀行や政府のような仲介者や中央当局を必要とせず、分散型ネットワークを通じてデジタル通貨を使ったオンライン決済を行うことができます。

なぜ、重要なのか。 暗号通貨の利用は、政府が発行する貨幣に代わるデジタル通貨として近年注目されています。 しかし、価値の変動や最近話題になった不正の事例から、一般消費者は警戒しています。

人気のプロバイダー :ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン.旅行業界では、現在、暗号通貨の受け入れはかなり稀ですが、将来的には変わる可能性があります。

ホテルの多様な支払い方法に対応するための課題

ホテルがすべての新しい決済手段を受け入れる必要はありませんが、宿泊客やターゲット市場の好みに対応することは重要です。 しかし、支払い方法は国や地域によって異なる場合があり、それぞれ独自のネットワークやルールがあります。 ホテル経営者は、銀行や決済サービスプロバイダー(PSP)が受け入れる方法に制限されることが多いです。

さらに、決済情報は複数のシステムに散在していることが多く、手作業による処理、報告、照合が必要です。 これは非効率と人為的ミスにつながり、ホテルは情報漏えい、詐欺、チャージバックの危険にさらされる可能性があります。 特に、技術的な問題や支払いに関する係争の解決は困難な場合があります。

解決策 : ホテル決済一元管理システム

この障害を克服するため、多くのホテルが決済管理の一元化を進めています。 たとえば、D-EDGEペイ など。これは、決済ゲートウェイとセントラル・リザベーション・システム(CRS)を統合し、スタッフが予約と決済を一つのプラットフォームで管理できるようにしたものです。

適切な決済ゲートウェイを使用すれば、ホテルは幅広い種類の支払いを簡単に受け入れることができ、検証や報告に関連する多くの作業を自動化することができます。 ウェブサイト、OTA、セントラル・リザベーション・システムなど、利用する決済手段やオンライン予約チャネルに関係なく、安全でシームレスな予約体験を保証します。 また、モバイルやデスクトップなど、使用するデバイスに関係なく利用できます。

消費者の決済行動が進化する中、迅速に対応するホテルは、より多くの旅行者にアプローチし、コンバージョン率を高め、予約から出発まで、宿泊客と従業員に高度な決済体験を提供することができます。

D-EDGEについて

D-EDGE Payは、統合された自動決済ゲートウェイで、ホテルとその宿泊客の決済体験を簡素化し、向上させることができます。 当社のオールインワン決済ソリューションにより、ホテル経営者はより多くの決済手段を受け入れ、より多くの取引を承認し、業務を簡素化することができます。

D-EDGEペイ のようなソリューションは、決済プロセス全体を容易にし、セキュリティに関しても安心感をもたらします。D-EDGEは、PSD2指令の最新版(3Dセキュアv.2)を実装し、PCI-DSSレベル1に準拠しています。

おすすめの記事

白書
2024年2月21日 に公開

D-EDGEは、世界10,500軒を超える独立系ホテルの流通・マーケティング戦略のパートナーとして、ホテルの流通や広告の動向を注視しています。
我々は、直接予約の傾向が増加して…

ブログ
2023年11月20日 に公開

ホテルのマーケティング担当者にとって、SEOはミステリーであり、心配の種になり得ます。 どうしたらランキングを上げられるのか? どんなキーワードをターゲットにすべきか?
これ…

ケーススタディ
2023年10月12日 に公開

都市の中心地、ビジネス街や観光スポットの近隣にあるピチェットグループホテルは、三ツ星ホテルのツーリストレジデンスです。 グループはごく最近、ホテルセグメントにおいてグレードアッ…

ブログ
2023年9月14日 に公開

GDSはしばしば、独立系ホテル及び小規模ホテルグループにとって販売チャネルとみなされていますが、それ以上に予約において利益の上がるツールでもあるのです。 このことは今日において…

ブログ
2023年8月21日 に公開

パンデミックの後、世界のホテル産業は目ざまいい成長を遂げました。 D-EDGEによる2023年のホテル・オンライン販売トレンドレポートによれば、2022年のオンライン売上は、2…

ケーススタディ
2023年5月31日 に公開

シーシェルズ・フーコック・ホテル&スパは、ベトナム最大の島、フーコックにある5つ星ビーチリゾートです。 ホテルはナイトマーケットに近い市内中心部に位置し、設備が完備した客室及び…