This page needs JavaScript activated to work.
ステップ 1/2

こんにちは。

Please select the type of your request

お問い合わせ クライアントアクセス

貴社ホテルもそろそろGDSにリストアップする時機ではないでしょうか?

ホテルの販売チャネルとしてのGDSに関し、あなたの質問に答える。

2023年9月14日 に公開

GDSはしばしば、独立系ホテル及び小規模ホテルグループにとって販売チャネルとみなされていますが、それ以上に予約において利益の上がるツールでもあるのです。 このことは今日において特に当てはまります。 D-EDGEデータによると、GDS予約は、パンデミック期間中に急落した後、2019年の実績を上回り、平均予約価格は15%~25%伸びました。

GDSとは?

GDSは、まだインターネットが誕生する前の1960年代初頭に、航空会社の電子予約システムとして考案されました。 その後間もなく、ホテルと旅行代理店がそのネットワークに加盟し、1992年には、最初のGDS(グローバル・ディストリビューション・システム)が構築されました。

今日、世界中の旅行代理店が、航空券やホテルの予約、さらにレンタカーや列車乗車券、ツアー、クルーズ、パック旅行の予約にGDSを利用しています。 OTAの利用率も高いですが、多くの旅行者は、旅行中に問題が生じた場合に支援介入をしてくれるような、経験と知識が豊富な旅行のプロに旅行の手配を依頼することを望んでいます。 また多くの企業も、社員の出張旅行の手配に際し、プロのトラベルマネジメント会社をサプライヤーとして使っています。

ホテルに関しては、GDSが旅行代理店にリーチできる主要プラットフォームであり、少ないとはいえ、予約全体のうちの大きな割合を占めています。 h2cによれば、2022年におけるホテルグループの予約全体のうち、GDSを介したものが平均8%であると報告されています。 2022年のグローバル・ホスピタリティ・ディストリビューション調査.

大手チェーンの割合は最も高く9%であるのに対し、中小規模のチェーンは4%となっています。 その違いは、ニーズの低さというよりは、GDSリストにホテルを掲載している小規模グループが少ないという事実に関連したものと考えられます。 調査には独立系ホテルは含まれていませんが、D-EDGEデータからは、これらのホテルはもっとできることがあることを知らないことがわかります。

Grand Fortune Hotel BangkokのレベニューマネジャーであるPiyadol Chantadej氏によれば、「GDSは、世界中の旅行代理店及びオンライン旅行代理店へのアクセスを可能とするため、私たちのホテルのビジビリティを高め、その結果より多くの予約が入り、特に法人予約による収益の増大に役立っている」とのことです。 「また、GDSはリアルタイムシステムであるため、予約エラーの防止や減少にもつながります。」

GDSは、世界中の代理店及びオンライン旅行代理店へのアクセスを可能とするため、私たちのホテルの視認性を高め、より多くの予約が入り、特に法人予約による収益の増大に役立っています。 また、GDSはリアルタイムシステムであるため、予約エラーの防止や減少にもつながります。

Piyadol Chantadej

レべニューマネジャー

Grand Fortune Hotel Bangkok

主なGDSプロバイダーはどこでしょうか?

私たちは一口に「GDS」と呼んでいますが、実際は複数のGDSネットワークが存在します。 近年、合併統合が増え、3社全体でグローバルマーケットのシェア80%を占める「ビッグスリー」のプレーイングフィールドは縮小しています。

  • Sabre Sabreは、アメリカン航空が1960年に米国テキサスで立ち上げた最初のGDSです。 現在、これは世界で2番目の規模のGDSであり、特に北米とアジアでの利用率が高いです。
  • Amadeus Amadeusは、1987年に欧州の航空会社グループが立ち上げたもので、現在、世界最大規模のGDSとみなされています。 同社はスペインのマドリッドに本社を置き、欧州、中東及びアフリカに数多くの拠点を有しています。
  • Travelport. 2001年に設立されたトラベルポートは、3つの中で最も小規模ですが、世界の全大陸に拠点を置いています。 同社は英国のラングレーに本社を置き、独自のアポロ、ワールドスパン及びガリレオGDSシステムを擁しています。

GDSはどのように機能するのですか?

GDSは旅行代理店とトラベルサプライヤーの間の介在者として機能します。 複数の大手ホテルブランドは直接GDSに接続しますが、大半の独立系ホテル、及び小規模のホテルグループは チャネルマネージャー または CRS(総合予約システム)を介して接続します。.

CRSはホテルディストリビューションの中枢に位置します。 ホテルとあらゆるディストリビューション・チャネルを接続します。GDS、OTA、ホールセーラー及びホテルのインターネット予約エンジン(IBE)を含む これによってホテルは、一つの一元化プラットフォームから在庫、料金及びリスティング・コンテンツを管理することができます。

ホテルがGDSのリストに載った場合は、GDSのチェーンコードが割り当てられます。 独立系ホテル及び小規模グループは通常、CRSプロバイダーコードを使っています。 大規模グループは専用チェーンコードを割り当てらているとしても、未だに独自のコードを使ってCRSプロバイダーと業務提携をしている場合があるかもしれません。

ホテルが一旦GDSに掲載されると、旅行代理店はその料金と空室状況をリアルタイムで見ることができます。 旅行代理店が予約を行うと、詳細内容が電子データでホテルのCRS及びPMSに伝送され、CRSが販売チャネルを通して自動的に空室状況のアップデートを行います。

GDSのリストに掲載されることのメリットは何ですか?

GDSにより世界中の何十万社もの旅行代理店及び法人トラベルマネジャーにリーチできる可能性が開け、ホテルにとって大きなマーケティングの力となります。 大半の旅行代理店は、ホテルの検索および予約にGDSを利用しています。 貴社ホテルが表示されない場合、旅行代理店は他のホテルを選択することになるでしょう。

旅行代理店は、テクノロジースタックのバックボーンとしてGDSを大いに頼りとしています。 GDSにリストアップされたホテルを予約するのは、同じテクノロジーを使ったGDSから予約される航空機や観光バスなどの、他の旅行構成要素とホテルの予約を総括することがより容易になるメリットが認められます。

大手トラベルマネージメント会社のシニアエグゼクティブ

これによって、旅程、インボイス、セイフティ・セキュリティリポーティングなどの旅行資料の統括が容易になり、さらに、旅行ビジネスの重要要素である変更及びキャンセルについても簡略化・同期化することができます。

ホテルにとっての追加的なメリットは以下の通りです:

  • GDSは、独立系ホテルに対しても、チェーンホテル及び有名ブランドホテルと同様の視認性が得られる機会を提供し、競争が激しいプレーイングフィールドで対等の立場を得られます。
  • GDSは、ビジネス旅行者の予約ソースとして特に高い価値が認められます。 実際、当社はGDSにおける予約の80%が法人顧客で、20%がレジャー旅行者であるとみています。
  • 法人予約は冬季に増える傾向が見られ、同時期のレジャー旅行者の減少分を埋め、年間を通した需要を下支えしています。
  • ホテルが、イ Internova Leaders Network and Signature Travel Networkのようなトラベル・コンソーシア・プログラムに加盟した場合、ホテル料金はGDSにおける検索結果のトップに表示され、ホテルには推奨サプライヤーの立ち、旅行業界の世界規模ネットワーク上でのビジビリティが強化されることになります。
  • GDS予約はまた、ホテルにとって、グループ予約、会議&イベント及び飲食費などの追加的収入源ともなり得ます。

GDSにおいてビジネストラベルはどのように機能するのですか?

多くの企業は、管理された旅行プログラムを有していますが、それは、旅行手配を旅行代理店または旅行管理会社(TMC)に一任していることを意味します。 企業は概して、旅費、旅程の規則、優先的サプライヤーなどを含む、出張旅行の予約において従業員が従うべきプロセスの概要をまとめたポリシーを有しています。

CWT、American Express Travel、 ABC Global Servicesなどの大手の国際TMCは、世界における幾つかの大企業のトラベルを管理しています。 TMCは、サービスの一つとして、サプライヤーに対しそのプロポーザルに対する年次リクエストを送付し、企業がリストアップしたベンダーを調べ、交渉します。

ホテルが入札の要請を受けた場合、ホテルに関する詳細情報に優待レートおよび予約ポリシーを記載した書類を添えて提出しなければなりません。 ホテルがプログラムにおいて受理された場合、料金はGDSにロードされますが、指名されたTMC以外は閲覧できないようになっています。

ホテルがGDSにリストアップされていない場合、法人契約の入札において不利になります。 シニア・トラベルエグゼクティブによると、「法人契約のクライアントにおいては、企業のホテルプログラムにおけるホテルがGDSリストに掲載され、法人適用料金がロードされることが要求される」とのことです。 「法人契約のクライアントは、サプライヤーレポート及びポリシーにフォーカスし、これらを保証するための最上の方策は、TMCを介して要求されたチャネルを通した予約を義務付けることです。

セルフ予約ツールとは?

中には、従業員がセルフ予約ツール(SBT)またはオンライン予約ツール(OBT)を利用して自ら予約することを認めている会社もあります。この場合従業員は自分が好きなサプライヤーを表示してレートを交渉し、ホテルを予約し、カスタマーサポートを受けることができます。 これらは、企業及びTMCにとって時間とコストの節約になります。 コンテンツはTMCにより維持され、GDSを介し、またGDS以外のアグレゲーターおよびプロバイダーの接続によって得られます。

GDSはあなたのホテルに適していますか?

現在、ビジネスの出張は増加傾向にあるため、今がより多くの法人予約を獲得するチャンスです。 同時に、国際レジャー客も増えており、旅行代理店を通して海外旅行を予約する旅行者も増えています。

その上、 法人トラベルマネジャーの最近の調査では グローバル・ビジネストラベル・アソシエーションの回答者の4分の3以上が、現在の交渉状況は、パンデミック以前に比較して旅行サプライヤー側に有利に傾いていると見ています。 さらに、55%がRFPプロセスを通して、ホテルの割安料金を見つけるのに苦労したと回答しています。

原則的には、10室以上を擁するホテルはいずれもGDSにリストアップされる可能性がありますが、ホテルによって適不適が見られます。 理想としては、30室以上を有し、3つ星以上のホテルで、GDSのフィーをカバーするために十分な平均レートで、利益を確保するために大きな客室を残しておくことです。

一般的には、GDSにはビジネス客に対応できる大規模なシティ・ホテルが最も適していますが、あらゆる種類の例外が挙げられます。 大規ビジネス街または工場近くに位置する郊外及び田園地区のホテルは、 VirtuosoやTzell Travel Groupのような高級トラベルネットワークに入ることで、リゾートホテルとしてのメリットが得られます。 と共に 仕事の出張とレジャーを兼ねる旅行者が増えてきており、レジャー旅行者とビジネス旅行者の境界線が曖昧になってきています。

様々なGDSが出回っているため、貴社ホテル及びゲストのニーズに合致したGDSを選択することが重要です。 私たちは、GDSの製品及びトレンドに関する新しい情報に絶えずアンテナを張り巡らすようにアドバイスしています。

Piyadol Chantadej

レべニューマネジャー

Grand Fortune Hotel Bangkok

どのような手数料が含まれていますか?

考慮すべきもう一つの重要な点は手数料です。 GDSの手数料はプロバイダーによりまちまちですが、基本的には、サインアップ、セットアップ及びインテグレーションのコスト、トランザクション手数料、旅行代理店の手数料、CRSまたはチャネルマネジャーのフィー、GDSの年間接続フィーが含まれます。 更に、TMCとのプログラム参加のコスト、コンソーシア及びGDS広告キャンペーンのコストがオプションとして追加されることもあります。

そうは言え、GDS予約は、15~25%の手数料がかかるOTA予約よりも一般的に割安です。 その上、GDS予約は平均ADRがより高く、ゲストのリピート率もより高くなっています。 しかしながら、堅実な投資リターンを保証するためには、購入コスト及びチャネルによる予約バリューの平均値をきっちりと把握することが重要です。

GDS上でホテルのビジビリティを最大化するには?

GDSにおいてホテルが旅行代理店の関心を引くやり方は数多くあります。

  • アピールポイントのリストを作成する ホテルの建物、立地及びアメニティに関する必要かつ明確な情報を、高画質の写真と共に提供する。 旅行代理店がホテルの価格設定を閲覧する時は、写真を見ることができないため、解りやすい説明が重要となります。 スペースが限られているため、簡明に記述しなければなりません。
  • リスティングが詳述されているか確認してください。 GDSリストは3000フィールドまで入ります。旅行代理店はその特徴とアメニティを有すホテルの検索にフィルターを利用します。 検索にかかるように、適用できる限りのフィールドに記入する
  • 訴求力のある料金とポリシーをオファーする。 いずれの販売チャネルにおいても、予約を引き寄せるのに最も効率が高い方法の一つは、価格競争力のある料金を提示することです。 補完的Wifi、朝食、駐車場などの付加価値項目や、柔軟なキャンセルオプションも有用です。

関心を引くために様々な戦略が必要となります。 レジャー 旅行者及び ビジネス GDSにおける旅行者

ビジネス旅行者

  • 法人プログラムに参加する 旅行代理店がある企業の名において予約をするために、GDSで行先を検索した場合、当該企業と事前に料金交渉を行ったホテルが検索結果の最上位に表示され、そこで予約につながる可能性が高くなります。

レジャー旅行者

  • トラベルコンソーシア・プログラムに参加する 旅行代理店が、プロ専用ネットワークまたはトラベルコンソーシアムに加入している場合、行先の検索においてプログラムに参加しているホテルは検索結果の最上位に表示されます。
  • より高い手数料をオファーする。 旅行代理店が貴社ホテルを選択するような追加的インセンティとして、標準的な手数料10%を上回る手数料を提示することを考慮する。 これは手数料の加算なしの料金である法人口座には適用されないことにご留意ください。
  • 広告キャンペーンを立ち上げる OTAの場合と同様に、ホテルは、ホテル検索結果においてより高い視認性を得るために、GDSプロバイダーに代金を支払うことが可能です。

更なるアイデアについては、CRSプロバイダーにお問い合わせください。 CRSプロバイダーは、ホテルとGDSの間の介在者となり、貴社ホテルの代理としてリスティング及び広告キャンペーンのセットアップ、維持を手掛け、RFPおよびコンソーシアプログラムの支援を行い、貴社ホテルの視認性を高め予約を増やすための追加的な提案を行うこともできます。

GDS接続プロバイダーにおいて何を重視すべきですか?

多くの企業がGDS接続を提供していますが、全てが同じというわけではありません。 優先すべき重要な品質

  • ダイレクト接続 ベンダーは、第三者に頼ることなく、貴社の代理人として契約を交渉し、全てのGDSプロダイバーに対し直接アクセスを提供しなければなりません。
  • インベントリーと料金管理の一元化 パートナーは、GDSへの接続に加え、貴社ホテルのPMSと統括して、全ての販売チャネルにおける貴社ホテルの料金、空室状況及び予約を管理するための総合プラットフォームを提供しなければなりません。
  • 信頼できるカスタマー支援 ホテルは直接GDSにアクセスできないため、知識が豊富なパートナーからの支援が必要不可欠となります。 h2cの調査によれば、ホテル経営者が新たに販売システムを購入する場合、支援のレベルが購入決定に至る最大要素となっています。
  • GDSエキスパート 接続プロバイダーは、ホテルに対して生産性の最適化に必要となるインサイトとアドバイスを提供するため、GDSがいかに機能し、それがホスピタリティ販売エコシステムにいかに適合するかについて、深い知識を有していなければなりません。
  • RFPを使った支援 法人およびコンソーシアプログラムへの入札は複雑で多くの時間が取られます。 貴社のプロバイダーは、プロセスのストリーミングと自動化を行い、さらに、受理されるチャンスを高めるためのアドバイスとガイダンスを提供し、業務の簡略化を図ります。
  • 手数料に関する透明性. プロバイダーは、貴社を代理して全てのGDSの手数料を統括し、予約と手数料の明細を提供し、貴社ホテルに対し直接インボイスを提示しなければなりません。

GDSへの接続に興味のあるホテル経営者に対し、Dubourg 氏は「躊躇しないように」とアドバイスします。

ビジビリティを高めるためにGDSにリストアップされていることが「私たちにとって」重要です。 GDSは収益増大の大きなテコとなります。 「また」GDSによって予約管理のための時間の節約にもつながります。

Mickaël Dubourg

セールス&マーケティング・ディレクター

Hôtel Pont Royal

How Do I Learn More?

RFP season is here! If you get the process rolling now, you can be up and running on the GDS in time for this season. D-EDGE is the ultimate GDS partner for independent hotels and hotel groups. We offer direct connectivity to all GDSs combined with the hospitality expertise and customer support hotels need to drive more bookings and higher rates on the GDS and all distribution channels. 

おすすめの記事

白書
2024年2月21日 に公開

D-EDGEは、世界10,500軒を超える独立系ホテルの流通・マーケティング戦略のパートナーとして、ホテルの流通や広告の動向を注視しています。
我々は、直接予約の傾向が増加して…

ブログ
2023年11月20日 に公開

ホテルのマーケティング担当者にとって、SEOはミステリーであり、心配の種になり得ます。 どうしたらランキングを上げられるのか? どんなキーワードをターゲットにすべきか?
これ…

ケーススタディ
2023年10月12日 に公開

都市の中心地、ビジネス街や観光スポットの近隣にあるピチェットグループホテルは、三ツ星ホテルのツーリストレジデンスです。 グループはごく最近、ホテルセグメントにおいてグレードアッ…

ブログ
2023年8月21日 に公開

パンデミックの後、世界のホテル産業は目ざまいい成長を遂げました。 D-EDGEによる2023年のホテル・オンライン販売トレンドレポートによれば、2022年のオンライン売上は、2…

ケーススタディ
2023年5月31日 に公開

シーシェルズ・フーコック・ホテル&スパは、ベトナム最大の島、フーコックにある5つ星ビーチリゾートです。 ホテルはナイトマーケットに近い市内中心部に位置し、設備が完備した客室及び…

ブログ
2023年8月21日 に公開

ハイシーズンは、ホテル経営者にとって、年間の売上目標達成の可否を左右する重要な時期です。 このホテルにとっての稼ぎ時を最大限活かすには、しっかりとした事前の準備が不可欠です。 …