This page needs JavaScript activated to work.

Please enter the name of your company

Please enter the name of the town in which your hotel is located

Please fill in your country code

Please enter your contact number

Please enter your email address Please ensure that you have included the "@" in the email address

Please enter your last name

Please enter your first name

Please select the type of your request

お問い合わせ クライアントアクセス

ホスピタリティ業界でもコワーキングが定着しています

2019年5月09日 に公開
コラボ経済、柔軟性、そしてノマドの時代に、コワーキングはこれらの変化するニーズへの対応の1つとして浮上しています。

コワーキングでは、1回限り、あるいはサブスクリプションベースで、共有オフィススペースをレンタルするというものです。それはオフィスを共有し、特に必要な場合にのみこのオフィスを使用するという考えのもとにあります。仕事する者にとって、魅力的なのはコラボレーション環境で働けることであり、これは時代に完全に合ったコンセプトです。このトレンドは主にフリーランサーとスタートアップ企業に関係しています。これらの労働者は職場のコストの柔軟性を獲得することに加えて、革新的な環境で没頭しようとしています。また、ネットワークを構築し、創造性を高め、ビジネスを成長させることも求めています。これらの「オフィスレス」ワーカーは、「フリーワーカー」として知られています。
 
このトレンドに応えて、コワーキングスペースは大都市のほぼどこでも生まれており、この現象はホスピタリティセクターにも影響を与えていません。

ホテルでのコワーキングについて–どのサービスが提供されていますか?

まず、コワーキングサービスの観点からホテルが提供しているものを見てみましょう。一般的に言えば、ホテルは、プリンター、Wi-Fi接続、温かい飲み物、水、ペストリー、スナックなど、仕事専用のスペースを1時間、半日、または終日レートで提供しています。他のホテルでは、飲み物とスナックのみを請求することを選択しています。ただし、基本は同じです。高速Wi-Fiに加えて、十分な数のプラグソケット、さらにはスマートフォンの充電器も利用できる場合が多いです。

ホテルでのコワーキングは、新しいニーズとゲストを満足させるるために対応していますが、実際にはそれよりもさらに進んでいます。ホテルは、コワーキングを未開発のスペースや、未使用のスペースを使いお金を稼ぐ手段と見なすこともあります。ホテルには通常、Wi-Fi、椅子、テーブルなどの必要な要素がすでに備わっているため、投資コストはそれほど大きくありません。さらに、サービスを監督するためにスタッフがすでに現場にいます。したがって、ホテルはスペースを最適化でき、一部の施設でこの役割を果たしているのはロビーです。他のホテルにとっては、朝食のシフトと清掃が終わると、朝食エリアは作業スペースに変わります。コワーキングスペースを提供することで、ホテルは1日の特定の時間に十分に活用されていないエリアを活用できるため、「デイユース」という用語はここで完全な意味を持ちます。ホテルのコワーキングエリアは、駅、空港、ビジネスゾーンなどに近い場所にあります。列車を待っている間、2つの会議の間、旅行者は機能的なスペースで作業することで時間を最大限に活用でき、出張を最大限に活用できます。
 
ホテルのコワーキングエリアは、駅、空港、ビジネスゾーンなどに近い場所にあります。列車を待っている間、2つの会議の間、旅行者は機能的なスペースで作業することで時間を最大限に活用でき、出張を最大限に活用できます。

革新的なコンセプトですか?

C.O.Q.パリの13区にあるホテルもこのニッチに位置しています。朝食が終わると、テーブルのプレートがノートパソコンに置き換わります。ホテルグループもこのニッチに位置付けられています。AccorHotelsでは、Easyworkコンセプトがメルキュールおよびノボテルホテル内に展開されています。 MOBホテルは、ホテルオードニエンに、「コルホジタ」という名前で、特定の専門家専用のコワーキング専用の部屋を提供しています。また、ブランド名がNomadのグループOceaniaを見つけます。Nomadは、機能的なスペースが広く、特に仕事中の顧客のさまざまなニーズに対応しています。 Moxyブランドは、このテーブルで、共同で創造的な精神のワークスペースを備えた大規模な多目的スペースであるSociety M(Citizen M)でもプレイしています。そして、これらは他の多くの例にすぎません。

したがって、ホテルがこの種のサービスを提供することは非常に理にかなっています。必要な施設とサービスの大部分は、スタッフと同様にすでに手元にあります。そして、このビジネスセグメントは、ほとんどのホテル経営者がよく知っているものです。業界の専門家は多かれ少なかれ構造化された方法で関与しており、「ビジネス」に特化したコンセプトが出現しています。たとえば、パリのBOBホテル(Elegancia Hotelが開発)などです。このホテルは、ロビー、パティオ、または従来の会議室などのさまざまなオフィススペースを提供することで、コンセプトのさらに先を行っています。実際、これについて彼らは熟考してきました。クライアントがより多くのプライバシーを必要とする場合、彼らはこの目的のために特別に作成された小さなアルコーブを使用できます。

パリ13区のC.O.Qホテルもこのニッチに位置しています。朝食が終わると、お皿はラップトップに交換されます。またグループホテルでも同様です。 AccorHotelsでは、イージーワークのコンセプトが、メルキュールとノボテルのホテルで展開されています。サントゥアンのモブホテルは、特定の専門家のために予約された「コルホジタ」と名付けられた専用のコワーキングスペースを提供しています。オセアニアも積極的に活動しており、Nomadブランドは、ゲストのさまざまなニーズ、特に仕事に合わせた機能的なスペースを提供しています。 Mozyはゲストに広大な多目的スペースを提供し、Society M(Citizen M)はコラボレーションと創造性を促進するワークエリアを提供しています。そして、これらはほんの一例です。

コワーキングはユーザーに何を提供するのでしょうか?

「自由」と「柔軟性」の概念に加えて、ユーザーは快適な環境で仕事を楽しむことができ、ホテルの施設(スパ、フィットネス)を利用することもできます。たとえば、従来のセミナールームよりもフォーマルでない環境で、またビジネスセクターに沿った環境でクライアントミーティングを開催することにより、コワーキングをより魅力的なイメージを伝える手段と見なす人もいます。ユーザーは、投影したいイメージに従って職場を選択することもできます。

ホテルのコワーキングの唯一の欠点は、ユーザーがリラックスしすぎる場合です。従来のホテルのゲストと比較し、彼らは多くのスペースを使う傾向があります。したがって、この成功の裏には、さまざまなクライアントセグメント間の潜在的な使用の衝突を、どのように管理するかを予測する必要があります。

不動産とサービスを融合したホテル業界は、コワーキングセクターで合法的に成長しており、一部のプレーヤーはさらに先に進んでいます。たとえば、AccorHotelsとBouygues Immobilierは、もともとBouyguesによって作成されたネクストドアの周りにパートナーシップを結んでいます。コンセプトはシンプルです。1日またはそれ以上、コワーキングオフィススペースをレンタルします。これら2つの主要なプレーヤー間のパートナーシップの背後にある考え方は、それぞれのサヴォアフェールを活用することにより、コンセプトの開発をスピードアップすることです。Mama Shelterは、ホテルとは独立して、Mama Shelterと同じ精神を持つMama Works(オフィスレンタル)を開発しています。

これらの新しいサービスは、ホテル業界の一部で見られる現在のダイナミズムを際立たせています。ホテル業界は、顧客の声に耳を傾けることで自らを改革し、従来のモデルから脱却してゲストをさらに提供しています。ホテルのサービス提供を改善する次のアイデアはいつ来るのでしょうか?

Amélie Lapi – ホスピタリティ シニアコンサルタント In Extenso TCH
Amélie Lapi は2006年にIn Extenso TCHに入社しました。ホテル学校を卒業後、ホスピタリティコンサルティングに急速に集中し、ホテル開発の問題について助言しました。さらに、Amélieは、ビジネスおよびレジャーインフラストラクチャを対象とした市場調査および実行可能性調査も実施しており、フランスおよび海外(モロッコ、ロシア)の公共および民間部門を対象としています。 Amélieは、Ecole de Savignacの経営学修士号を取得しています。
Website : www.inextenso-tch.com

おすすめの記事

ケーススタディ
2022年4月20日 に公開

Rainforest Retreatは、サザンアルプスに囲まれたフランツ・ジョセフ氷河をはじめ数多くの名所にアクセスできる最高の立地にあり、
ニュージーランドの氷河地帯やワイル…

ブログ
2022年3月03日 に公開

D-EDGE Hospitality SolutionsのCTO Antoine Buhl氏は、2022年のロードマップの優先事項を明らかにし、あらゆる規模のホテルがビジネスを…

ブログ
2020年9月24日 に公開 by Antoine Buhl - CTO

ホテル経営者の皆様は今の不確実な期間に適応し、日常業務を容易にするだけでなく、顧客の様々なニーズに応えるための柔軟なソリューションを必要としていることと思います。 D-EDGE…

ブログ
2020年6月01日 に公開

ホスピタリティー・リカバリー・トラッカーで示されているように、いくつかの国ではすでにホテルアクティビティが良いスタートを切り始めています。
COVID-19の流行がもたらした深…